初めてのお金の借り方

今まで一度も金融機関からお金を借りたことがない…なんて、初めての人にとって、お金を借りることに対しての不安がとても大きいもの。どこで借りたらいいのか、どういったところで借りられるのか、利息はどれくらいでいつまでに返済しなければいけないのか…あれもこれもとわからないことがいっぱい。初めてお金を借りる場合は、やっぱりよくわからないのです。まずは、自分の身にあった借り方ができるところはどこなのか考えて探してみましょう。

 

お金を借りる時に、多くの人が考えるのが金利と時間。まさに、お金を借りる2大条件ともいえるもので、低金利で借りたいときは大手銀行、すぐにでもお金を貸してもらいたいときは大手銀行系グループから借りるのがいいでしょう。前者は借入目的が自由な銀行カードローン、後者には即日融資が可能な安心の銀行系消費者カードローンがあります。

 

カードローンは申し込んだら審査がおこなわれ、それに通ると契約できるといった流れ。提携するコンビニATMから、24時間365日必要な時に限度内までお金を引き出すことができます。フリーローンですから、何に使おうが自由。特に聞かれることもありません。また、審査もスムーズで即日融資が可能です。


銀行と消費者金融の違い

カードローンは銀行と消費者金融で作れますが、両社にはさまざまな面で違いがあります。銀行のカードローンは金利が安く総量規制の対象外となっているので、安く収入による縛りがなく借りることができます。が、審査は厳しくちょっと時間がかかってしまいます。一方、消費者金融はというと、審査はそこまで厳しくなく柔軟性があり、結果が出るのも早いものとなっています。が、金利は高く総量規制の対象となるので、収入の3分の1以上は借りることができません。銀行と消費者金融にはこうした違いがあるわけですが、会社によって詳細が異なるので要確認となります。

 

カードローンを何回か利用している人は、すぐにお金を引き出すことができますが、初めての人は作るための申し込みや審査などの手間がかかります。急いでいる時のポイントは、まずは申し込み時間と業者で異なる審査スピードを調べること。一般的に消費者金融の方が審査内容が緩くスピーディーに終わるといわれています。金利は高くなってしまいますが、時間がない人にはこちらのほうがいいかもしれません。

 

ただし、消費者金融の中には、ヤミ金と呼ばれるような人たちもいます。そうしたのに引っかからないように、銀行系などの大手商品者金融で申し込んだ方が安心度は高いものとなります。


個人で借りられる3つの借入先

個人でお金を借りるのであれば、銀行と消費者金融、そして公共機関とあります。銀行からお金を借りる方法としては、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンといったローンを組む方法とカードローンを作って借りる方法とあります。銀行によって多少の違いはあるものの、一般的にはローンを組む方が金利は安くなっています。カードローンの方がちょっと金利は高いですが、それも消費者金融と比べても安いもの。それだけ銀行の金利は低いのです。どちらも審査がありますが、これはやはりローンの方が厳しく、カードローンの方が通りやすいですが、消費者金融に比べると厳しいです。

 

消費者金融は、とにかく審査スピードが速いので、一刻も早くお金を借りたい人に最適。ただ、なかには甘い言葉で誘う消費者金融といった業者もいるので、そうした業者にひっかからないように注意が必要。法外な金利が設定されていたり、取り立てが厳しかったりと借りた後のトラブルがひどいものとなっています。そうした業者を避けるには、大手銀行の消費者金融を選択すると安心。金利は銀行のカードローンよりかは高くなってしまいますが、法律をきちんと守った金利ですし安心感が違うものとなります。

 

そして、公共機関による借入。総合支援金や生活保護、雇用保険、教育訓練給付、年金担保、被災者生活再建支援など…意外とたくさんのサポート体制が用意されているのです。住んでいる地域を管轄している市区町村の公的機関に問い合わせてみるといいでしょう。


初めての人は銀行系カードローンにトライ!

初めてお金を借りる時は不安も大きいもの。ですが、事前にしっかりと調べておくことで、安全に、そして納得いく借り方をすることができます。何度も借り入れを繰り返している、複数の金融機関から借りている…といった人に比べると、はるかに審査も通りやすく借りやすい傾向にあります。

 

そうした「初めて」の人の利点を生かして、審査が厳しいといわれる銀行カードローンに申し込んでもいいですね。金利が低いので、返済する時に少しは楽です。また、銀行カードローンは総量規制が適用されないので、もしも借入限度額を高く設定できるのであれば、「おまとめローン」などといった、複数のローンを一本化することも可能となります。とはいえ、できれば複数から借り入れをしないようにしたいものですね。申し込み方法は、銀行窓口だけでなくインターネットやモバイル、電話、郵送、FAXと多岐にわたっていますので、自分のやりやすい方法を選ぶといいでしょう。


更新履歴